有線イヤホンVSワイヤレス(Bluetooth)結局どちらがいいのか検証!

Bluetooth機能の普及で、スマホとも簡単にペアリングができるため、ワイヤレスイヤホンの人気が高まっています。しかし、ネット上にはネガティブな意見もあり、有線のイヤホンとワイヤレスのどちらを購入するべきか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そこで今回は「有線イヤホンVSワイヤレス(Bluetooth)結局どちらがいいのか検証!」と題して、それぞれの良さを比較していきます。

有線イヤホンのメリット

有線イヤホンの最大のメリットは、充電が必要なく、バッテリー切れの心配がないという点です。「充電するのを忘れていて使えない」「バッテリーが切れそう」といったストレスもなくなります。

また、直接スマートフォンへ接続するため、再生機器からイヤホンへ音のデータを送信するプロセスがなく、音質の良い音楽が聴くことができます。音の安定性が良いと、より音楽・動画に没頭できますよね。

加えて、左右のイヤホンがケーブルで繋がれているため、片耳がずれ落ちてもケーブルの範囲内で落下が止まります。落下して失くしたり、故障したりするリスクがとても低いです。

ワイヤレスイヤホンのメリット

ワイヤレスイヤホンの快適さは圧倒的!コードがないので、使用時に首や耳に当たったり、ケーブルが絡まると言った煩わしさから解放されます。同時に、ランニングや運動時にケーブルが引っ掛かって何度もイヤホンが外れたというストレスも解消されますね。鞄の中にもすっきりと収納できるのもポイントです。

また、スマートフォンやパソコンから離れていても音楽を聴くことができるのもメリットの1つ。スマートフォンを持って移動したり、イヤホンを外したりする必要もありません。家でパソコン作業中にトイレに行ったり、キッチンに飲み物を取りに行ったりするときも、ワイヤレスイヤホンなら何も気にせず移動ができますね!

「ワイヤレスイヤホンを使用したら、有線イヤホンには戻れない!」といった意見も多数あるようです。

【最新】ワイヤレスイヤホン おすすめ:リンクバッズ

イヤホンの性能向上とともに音楽に集中できるようになった一方で、周囲の音がわかりにくくなり、イヤホンによる交通事故が増えています。そんな問題を解決するイヤホン おすすめがソニーから発売された「リンクバッズ」。「耳をふさがない、聴きながら聞こえる」をコンセプトに、音楽を聴きながら、電話をしながらでも周囲のあらゆる音が自然に聞こえるように作られています。世界最小・最軽量で、快適に長時間常時装着できる最新商品です。

最後に

イヤホンの選び方は、コスパ重視、高音質、高機能、スポーツ、iPhoneやAndroidなど使用している機器など、目的や好みによって異なります。しかし、コードの煩わしさから解放されることは、大きなメリットと言えるでしょう。充電が必要、音質が劣るなどのデメリットもありますが、技術の進歩によって軽減されてきています。これを機会にコードレスの世界に踏み入れてみてはいかがでしょうか。

You may also like...