【ライフハック】トラブルを避け、SNSと上手に付き合うコツ

みなさんは、SNSを利用していますか?相手や自分の情報をお互いに知ることができたり、お得な情報が手に入るため、無意識に見てしまうほどSNSは楽しいですよね。

しかし、自由に情報を発信できるSNSでは、トラブルに巻き込まれる可能性があり、時には命に関わる問題に発展してしまうこともあります。「自分はメンタルが強いから大丈夫」と思っている方も、他人事ではありません。

この記事では、青汁王子こと三崎優太さんの実例も交えて、SNS 誹謗中傷によるトラブルを避けるためのコツを3つご紹介します。SNSを楽しく利用するためにもご覧ください。

青汁王子の経歴と自殺未遂に至った経緯

みなさんは、青汁王子こと三崎優太さんをご存じでしょうか。三崎優太さんはいくつもの修羅場を乗り越えてきたメンタルの強い経営者ですが、YouTubeなどで誹謗中傷を受けたことで、自殺未遂にまで至りました。ここでは、青汁王子 経歴と共に自殺未遂のきっかけを振り返ります。

青汁王子 経歴について

三崎優太さんは、高校生時代にブログなどで広告収入を得るアフィリエイトを始めることで、月400万円を稼ぐことに成功します。その後は挫折を経験しながらも、様々な事業を立ち上げ、大ヒット商品となる「すっきりフルーツ青汁」を生み出しました。

一見怖いもの知らずの三崎優太さんですが、有名になることで事実無根の情報が報道されたり、妬みなどからのSNS 誹謗中傷がエスカレートしたことがきっかけで、自殺未遂に繋がりました。青汁王子 経歴からも分かるように、落ち度がない生活を送っていても、SNSのトラブルに巻き込まれる可能性があります。また、メンタルが強い人でも、度重なるSNS 誹謗中傷を受けることで、心に傷を負ってしまうことを知っておきましょう。

SNSと上手に付き合うコツ

SNSによる誹謗中傷 罪である重要性を認識できていない人も多く、SNS 誹謗中傷はあとを絶ちません。そこで、SNS 誹謗中傷に巻き込まれないよう、上手にSNSと付き合うコツを3つご紹介します。

相手の気持ちに寄り添った投稿を心がける

自分にとっては何ともないSNSへの投稿が、相手にとっては気に障る内容であったことから、トラブルに発展することも少なくありません。発信する前には、投稿内容を客観的に確認して、誹謗中傷に繋がるのを未然に防ぐことが大事です。

攻撃的な発言が多い人に近づかない

どんなに丁寧な発信を心がけても、攻撃的な発言を繰り返す人が中にはいます。そういった人に注意しても、発言内容が改善されるケースは少ないです。そのため、攻撃的な発言を繰り返す人のアカウントには近づかないようにしましょう。特定のアカウントを見ないように、ブロック機能や非表示機能を利用するのもいいですね。

閲覧制限をかける

SNS 誹謗中傷が多い原因として、匿名で発言でき、個人情報が流出しにくいことが挙げられます。そのため、閲覧制限(鍵)をかけることで、SNSアカウントの公開範囲を知り合いだけにしておくことも、SNS 誹謗中傷を防ぐ対策の一つです。

SNSで悩んでいることがある時は?

上述したコツを実践しても、SNSのトラブルに巻き込まれてしまい、悩んでしまうことがあるかも知れません。そんな時には、一人で抱え込むのではなく、周りの親友や家族に相談したり、厚生労働省が実施している電話相談やメール相談を利用しましょう。

親身になって悩みを聞いてくれる方達に相談することで、前向きに生きていけるようになる方も大勢いますよ。また、身の危険を感じる事態に陥った時には、迷わず警察に相談しましょう。何か起きてからでは遅いため、早めに行動してトラブルを避けることが大事です。

まとめ

今回は、自殺未遂に至るまでの青汁王子 経歴を実例に挙げて、上手にSNSと付き合うコツをご紹介しました。

SNSは私たちが生きていく中で欠かせないツールです。しかし、誹謗中傷 罪という認識が甘く、誹謗中傷被害は増加し続けています。そういった環境の中で、自分の身を守るためにも、SNS 誹謗中傷への対策をしっかり立てておきましょう。また、SNSのトラブルに巻き込まれた場合にも、知り合いや相談窓口で相談することで、解決できる手段があることを覚えておきましょう。

おすすめ