清水りょうこ(清涼飲料水評論家)の年齢や結婚について!年収も!

CapD20160822

8月23日放送予定のマツコの知らない世界に出演される

清水りょうこさん。

清水さんが紹介されるのは「地サイダー」

どんなものを紹介してくれるのか、その内容も気になるところですが

清涼飲料水評論家という肩書も気になったので

清水りょうこさんについて調べてみることにしました♪

スポンサーリンク

清水りょうこさんってどんな人?

CapD20160822

清水りょうこさんは1964年の東京生まれ。

1999年にご結婚されたそう。

ちなみに旦那さんの祖先は伊賀忍者だそうです。

何だかかっこいいですね!

 

子供の頃から缶ジュースや自動販売機に興味を持ち、

1987年に、ティーン誌でソフトドリンクに関するコラムを書きはじめたのをきっかけに

「清涼飲料水評論家」と名乗りはじめたそうです。

でもこの肩書って聞きなれないと思いませんか?

一体どんなお仕事をする人の事なんでしょうか?

 

清涼飲料水評論家って?

日々発売されるソフトドリンクを次々に飲んでいって

「うまい」とか「まずい」とかを評価して雑誌などに記事を書いたりする人

の事だそうです。

ちなみに清涼飲料水評論家と名乗っているのは、清水さんだけのようです。

似たような肩書で久須美雅士さんという清涼飲料水研究家の方がいらっしゃるようで、

お二人は古くからの飲料趣味仲間なんだとか。


スポンサーリンク

正直それだけで食べていけるのでしょうか?

この質問、よくされるようです。

正直なところこのお仕事だけで食べていくのは厳しいようで

なんとかジュースが飲めるくらいの金額程度だそう。

なので編集やライターとしての仕事やバイトもやっていらっしゃるそうです。

もともと雑誌を読むのが好きで出版業界に進んだという経歴があり、

本に関わる仕事をしたいという思いを持っておられ、

どちらも本業という気持ちで大切にされているんですって。

 

地サイダーという言葉を広めたのは清水りょうこさん

地サイダーという言葉、実は私は知らなかったんですが、

この言葉を広めたのは清水さんなんですって。

そして全国各地のサイダーが注目されるきっかけを作ったという事で

メーカーからの信頼も厚く、著書の出版やテレビにも出演されたり、

2000年には東京都青梅市にある「昭和レトロ商品博物館」

の名誉缶長に就任されたそうです。

 

まとめ

いかがでしたか?

正直自分でもばかじゃないの?と思う瞬間もあったという清水さん。

だけど好きなことをずっとやり続けてきたからこそ

その輪がどんどん広がっていったんでしょうね。

一つの事をずっと突き詰められる人って素敵です!

マツコの知らない世界で紹介されるサイダーが楽しみですね♪


スポンサーリンク

関連記事

  1. capd20161024
  2. capd20161021
  3. capd20161021
  4. capd20161212_13
  5. capd20161026
  6. capd20160913
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。