りぼんのふろく展(明治大学)の開催期間やアクセスは?展示内容も!

出典:りぼん創刊60周年記念サイト

 

こんにちは、りんごです^^

りぼんが創刊60周年ということで
スカイツリーではコラボメニューや
撮影スポットなど楽しめるようになっていたり、

明治大学の米沢嘉博記念図書館では
人気の漫画家の原画も見れる
りぼんのふろく展が開催されていたりと
りぼんっ子たちは当時を思い出しながら
とても楽しんでいる様子^^

今回は現在行われている
りぼんのふろく展の日程や
会場へのアクセス、休館日など
まとめてみたいと思います♪

スポンサーリンク


りぼんのふろく展開催概要

明治大学の米沢嘉博記念図書館で
現在開催中のりぼんのふろく展。

2017年2月18日(土)~6月4日(日)まで
開催されているんですが、
4回に分けて開催され、
会期ごとに展示されるふろくや
原画が入れ替えられます。

ってことは、全部見たかったら
4回足を運ばねば!ってことですね。

そして期間中休館日があって、
火・水・木曜日はお休みなので
ご注意くださいね!

開館時間ですが、
もしかしたら展示期間中と
普段の開館時間は違うかもしれませんが
通常の開館時間は

平日(月・金):14:00~20:00
土日祝:12:00~18:00

となっています。

 

第1期:2月18日(土)~3月13日(月)

展示されるふろく原画
>>池野恋、さくらももこ、柊あおい先生

 

第2期:3月17日(金)~4月10日(月)

展示されるふろく原画
>>水沢めぐみ、吉住渉先生

 

第3期:4月14日(金)~5月8日(月)

展示されるふろく原画
>>柊あおい先生

 

第4期:5月12日(金)~6月4日(日)

展示されるふろく原画
>>高須賀由枝、矢沢あい先生

 

りぼんのふろく、私も小学生の時は
毎回楽しみにしてたな~

ふろく以外にも応募者全員プレゼントとか
抽選で豪華なグッズが当たるとか、
色々欲しくて必死になってはがきを
送っていたのを思い出します。

たまーに漫画の原作の原画が
展示されることはあっても
ふろくの原画が展示されたことって
あったでしょうか?

私の記憶の中にはありません。

そして60年という長い間
大切に保管されていたかと思うと
とても貴重なものだなって感じますね。

ちなみにどんなふろくが
展示されるかというとこんな感じです。

CapD20170305_9
出典:コミックナタリー

 

これはほんの一部なので
他にも約1000点ものふろくが
展示されますよ♪

会場の様子はこんな感じ。

ショーケースに大切に展示されています。
どうやら展示されている作品は
撮影不可になっているみたいですね。

貴重なものだということが
伝わってきます。


スポンサーリンク

トークショーもあります♪

4月1日には吉住渉先生の
トークショーが開催されます。
時間は16:00~17:30、料金は無料。

吉住渉先生といえばやっぱり、
「ママレード・ボーイ」ですよね!

アニメ化もされて、見てましたよ~
懐かしいな~

当日はたくさんの人が集まりそうなので
早めに行ったほうが良さそう。
込み合う場合は入場を断られるケースが
あるそうですよ。

そしてトークショーの場所は
ふろくが展示されている場所とは違い、
明治大学のリバティタワー2階1012教室
となっていますのでお気をつけくださいね。

図書館とリバティタワーがある
駿河台キャンパスのマップが
参考になりそうなのでこちらからどうぞ
駿河台キャンパスマップ

 

会場までのアクセス!

最寄り駅は「御茶ノ水駅」
下車してから3分ほどで会場へ到着です。

JR以外で行く予定の方は
東京メトロ千代田線だと「新御茶ノ水駅」
下車してから約5分。

地下鉄&東京メトロ半蔵門線だと
最寄り駅は「神保町駅」
下車してから約5分ほどです。

CapD20170305_12
出典:明治大学

 

 

まとめ

昔懐かしい気分に浸れそうな
りぼんのふろく展。
3月末まではスカイツリーでも
体験型の演出が楽しめますので
1日でハシゴしてもいいですね^^

最後までお付き合い頂きありがとうございました!

<こちらもどうぞ♪>

りぼん展(東京スカイツリー)はいつまで?特別チケットや口コミも!


スポンサーリンク



この記事を読んでいる人におすすめの記事



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

出産祝いのおすすめ人気ランキング♪

ブログを書いてる人

StockSnap_SB7UX6S6F8

こんにちは。管理人のりんごです^^

美味しいものに目がない食いしん坊で、雑貨屋さんめぐりが大好きな三重県民。

気になった事はすぐに調べたくなる方なので
自分が気になったことをいろいろ綴っていこうと
思います。