眞子様のウェディングドレスのデザイナーや指輪のブランドは?

 

こんにちは、りんごです^^

眞子様のご婚約内定会見が
開かれましたね~^^

小室さんはさすがに緊張されてるのかな?
という雰囲気がありましたが、
終始笑顔の和やかな会見でした。

私的に心に残ったのが
小室さんが言った言葉「Let It Be」

座右の銘だったか、
なぜその言葉を言ったんだったかは
忘れてしまったけど、

さすが留学経験があるだけあって、
発音がきれいでしたね!

日本人なら「レット イット ビー」と
カタカナ発音してしまいそうなところを
英語の発音でさらり話した場面が
妙に心に残ってしまった私です。

お二人の結婚報道があったのが5月。
会見を開ける事になったのが9月。

第一報が報道されてから
もう4カ月も経つのかとびっくりですが、
来年の結婚式に向けて慌ただしく
時が流れていくんでしょうね。

で、今から私が気になっているのが
眞子様が着用されるウェディングドレスと
指輪です!

皇族の方のウェディングドレスとか
指輪ってどのブランドのものにするんやろう?

オーダーメイドかな?
価格っていくらぐらいなの?
やっぱり高いのかしら?

などなど下世話な事ですが
気になる事がいっぱいです。

ってなわけで、
眞子様のウェディングドレスや
指輪について調査してみようと思います!

スポンサーリンク


皇室の衣装事情

どんなウェディングドレス姿を
披露してくれるのか、
とっても楽しみですよね^^

ウェディングドレスのブランドは
数多くありますが、
そもそも皇室の方々が公務で着ている服って
どんなブランドのものを着ているんだろう?

けっこう謎に包まれている部分が
多いですよね?

で、ちょこっと調べてみたら、
妃殿下達が公務で着用される服は
すべてオートクチュールなんですって!

そっか~。
公務に出られると世界中から
注目されるわけですもんね。

自分だけの衣装を身にまとって
らっしゃるんですね~

でもね、一度着たらもう袖を通さない
って事では無くて、

再び着ることもあるしリフォームして
デザインを変えたり
上手に着回しされている
ので、

必要以上の服は作らないんだそうです。

前に何かのドラマで見たけど、
お金持ちの方が
自宅におかかえのデザイナーを呼んで
自分だけの衣装を作る、あんな感じなんだろうな。

私には縁のない世界やけど憧れる♡

眞子様にも専属のデザイナーがいるのかな?
と調べてみたんですが、
情報がなくて分かりませんでした><

ただ、公務以外の普段着は
既存のブランドの物を着用されるようで、
若者に人気のブランド、
「ローリーズファーム」を着用されることも
あるそうです^^

カットソー1枚とっても
○万円するようなブランドのものを
着用されているのかと思っていたので
意外でしたが、
庶民的な雰囲気があって親近感が湧きますね。

これには紀子様が美智子様をお手本としていて、
眞子様が幼い頃から
一目でブランドが分かるタグが付いていないもの、
ハデでないもの、子供が使いやすい物
を選ばれていた
ようで、

デザイナーさんが作られた服も
リフォームして長い間使われていたそう。

この考え方が眞子様や佳子様にも
受け継がれているようで、

お二人がプライベートで
高級なブランド品を持たれることは
ない
そうですよ。

普通の女子大生が選ぶようなものも
着用して過ごされているなんて、
なんだか親近感が湧きますよね^^

皇室の衣装事情を調べると、
公務の時はオートクチュールという事が
分かりましたね。

って事は、
ウェディングドレスもデザイナーさんが
眞子様の為に作るんだと思います。

一体誰が作るんでしょうか?

 

ウェディングドレスのデザイナーは?

眞子様に専属のデザイナーがいるのかは
分かりませんでしたが、

お母様である紀子様の専属デザイナーは
西田武生さんと言う事が判明!

そして皇族専属のデザイナーは
植田いつ子さんといういことが分かりました。

ただ、植田いつ子さんは
すでに亡くなられているんです・・・

じゃあ現在は誰が専属デザイナーを
されているんだろう?と調べてみると
上がってきたのが
伊藤和枝さんというデザイナーさん。

1990年からお母様と一緒に
皇室衣装デザイナーとして活動を始め、

1994年に独立してからも
引き続き皇族の海外訪問時の衣装や
御婚儀衣裳など、
様々な衣装デザインを担当されています。

って事は、伊藤和枝さんが
眞子様のウェディングドレスを
デザインされる確率が高い気がしますね!

ちなみに、2004年にご結婚された
黒田清子さんのドレスは
故・植田いつ子さんが作られたものでした。

そのドレスがこちらです。

当時は「クラリスドレス」と呼ばれ、
大きな話題となりました。

お母様である美智子様から
「質素を重んじ、物を大切に」という
お考えを受け継がれた清子さんは、

”できるだけ控えめに”と、
派手な演出が一切ない結婚式を望まれ、

披露宴では美智子さまのお着物を
手直しして着用されたそうですよ。

眞子様は清子さんの事を「ネェネ」
実の姉のように慕っているので
清子さんのように質素な式を望まれるかも
しれませんね。

もしかしたら紀子様が
結婚式で着用されたドレスを
手直しして着用されるかも!?
なんて思いました。

そして、ドレスのブランドとして
噂が上がっているのが、

紀子様が長年愛用されている
「レリアン」というブランドの
ドレスを着用されるのではないか?という事。

紀子様はご結婚当初から
このブランドを愛用していて、
眞子様も成人されてから
ご公務でたびたび着用されている
ようです。

あとね、私の個人的な意見なんですが、

黒田清子さんは大学に通われていた頃、
普段着用される服のデザインを
担当されていたんですって。

ウェディングドレスのデザインを
した事があるのかは分かりませんが、

ネェネと慕う清子さんに
ドレスのデザインをお願いするってことも
考えられるんじゃないかな~なんて・・・

どのようなドレスを着用されるにしても、
きっとお値段めっちゃ高いんやろうな~(@_@;)


スポンサーリンク

婚約指輪のブランドは?

小室さんは眞子様に婚約指輪を
もう渡しているのか?

芸能人の結婚会見でありがちな
左手の薬指にはめられた婚約指輪を
記者の人たちに見せるような仕草は
一切なかったと記憶しています。

皇族の記者会見なので
予めある程度質問内容も
決められているんだろうな~とは
思いつつ、

個人的にはあのポーズが見てみたかったな・・
とも思ったりしました。

きっとプロポーズの時に
渡されているとは思うんですが、
記者会見の時にはつけてませんでしたね。

小室さんが選んでサプライズで
渡したのか、
それとも2人で選びに行ったのか?

気になる事がいろいろあるんですが
指輪に関しての情報はまだありません。

なので勝手に予想しちゃいます!

まず、他の皇族の方々は
どんな指輪をもらったのだろうと
調べてみたところ、

秋篠宮様が紀子様に贈られたのは
入倉康ジュエリー工房が製作した
なまずをデザインした指輪!

画像はこちら
>>ナマズの婚約指輪

なぜナマズをデザインしたかと言うと、
秋篠宮様がナマズの研究をされていたので
紀子様とデザイナーさんとで相談して
このデザインになった
そうですよ^^

いや~
なかなか斬新なデザインやなと
思いましたし、
当時はやはり話題になったようですが、

お二人にとっては
心に残る、日本に2つしかない
貴重な指輪なので、
出来上がった物を見た時は
感慨深かったんでしょうね~^^

もしかしたら小室さんも
こちらの工房にお願いするかも?
なんて思いましたが、

眞子様は皇室から出ていく身。

そして、お母様のお考えを受け継ぎ、
普段着は庶民的なファッションを
身につけておられますので、

皇族であるという事を除外して、
25歳の女性である等身大の
眞子様に贈る指輪と考えると、

芸能人がつけているような
高級なものではなくて、
一般人と同じような指輪を
選ばれるような気がしますね。

ちなみに、
ゼクシィが2016年に行った
20代の婚約指輪の平均購入価格は
35.9万円という結果でした。

昔の婚約指輪の相場は
給料3か月分なんて言われていましたが、
最近は給料1か月分の傾向にあるようです。

20代後半~30代前半に人気の
婚約指輪ランキングを見てみたら、
第1位はのGINZA TANAKAのプレシューズ
との事でしたよ^^

>>指輪のページはこちら

お値段は¥190000~となっていますね。

実際に小室さんは眞子様に贈られる
指輪のブランドはどこのものなのか、
もし公開されたらまた追記しておきます^^

 

まとめ

とっても幸せそうなお二人の様子が
印象的だった婚約内定の記者会見。

ドレスのデザイナーや指輪のブランドは
今のところ分かりませんでしたが、

一生に一度の結婚式。
素敵なものになるといいですね^^

これから結婚式に向けて
いろいろ準備で大変かと思いますが、
早く眞子様のドレス姿がみたいです♪

最後までお付き合い頂きありがとうございました!


スポンサーリンク



この記事を読んでいる人におすすめの記事



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

出産祝いのおすすめ人気ランキング♪

ブログを書いてる人

StockSnap_SB7UX6S6F8

こんにちは。管理人のりんごです^^

美味しいものに目がない食いしん坊で、雑貨屋さんめぐりが大好きな三重県民。

気になった事はすぐに調べたくなる方なので
自分が気になったことをいろいろ綴っていこうと
思います。