かごバッグはいつからいつまで使える?おすすめコーデやアレンジも!

 

こんにちは、りんごです^^

暖かい季節になると持ちたくなるのが
かごバッグ。

サイザルやジュート麻、
籐で編んだものやストロー素材などなど
いろんな種類のかごバッグがありますし、

おしゃれ大好き女子なら
1つは持っているのではないでしょうか?

そして、毎年ふと思いません?

かごバッグっていつからいつまで
使っていいもんなんだろうか・・・って。

今回はそんなお悩みを解決するべく、
みんなはどんな風に考えているのか、
おすすめのコーデやアレンジ方法も
ご紹介しようと思います♪

スポンサーリンク


かごバッグの使用時期は?

かごバッグといえば夏!
というイメージがありますが、
服屋さんや雑貨屋さんなどでは
早いと3月頃から並んでいる場合もあります。

私の務めてる雑貨店でも
毎年麦わら帽子やかごバッグを
扱っているんですが、

秋冬の季節に春夏の商品の展示会へ行き、
まだ肌寒いんですけど?という頃に
THE夏!って感じの商品が届くんですよね。

正直、気持ちがついていかないですw

キュン♡とくるかごバッグと運命的に出会ったら
すぐに使いたくなっちゃうのが人間の心理。

でも、すぐに使いたくても
周りから浮いてしまうのは恥ずかしいし・・・

そんな風に悩んだことがある人は
きっと多いハズ!

じゃあ、みんなはどんな感じで
使っているんでしょうか?

ネットで口コミなども参考にしながら
情報を集めていると、
大体みなさん意見が一致してました。

・3月~4月中旬だと早すぎる
・5月なら季節を先取りしていておしゃれ
・8月下旬までは使っても大丈夫

使い始めで一番多い意見が5月初旬。

そろそろ秋冬モノのバッグに
替えようかな?と思う時期は

9月だと秋のイメージがあるから
使いづらいという方や

秋といっても9月はまだまだ暑いので
9月中旬頃までは使ってOK♪

という感じで意見が分かれます。

10月になるとアウト!と
感じる方がほとんど
のようですが、
冬でもかごバッグを持つという方も
中にはいらっしゃるようですよ^^

これらの意見を元にまとめると、
街で浮かない為には
カゴの使用時期は 5月初旬~8月下旬まで
と考えると失敗がないのではないでしょうか?

9月になったら秋冬アイテムも
いろいろ出てますし、

8月下旬でかごバッグは保管して、
ニットやファーなどは少し早いけど、
9月に入ったら秋冬モノのバッグを先取りして
おしゃれを楽しんだらいいんじゃないかな~
と思いますよ♪

 

かごバッグのアレンジ術♪


出典:URBAN RESEARCH

人とはちょっと違う個性を出したい!

そんな時、
一番簡単で真似しやすいのが
スカーフを使ったアレンジ。

巻き方もただ固結びして
両端を垂らすだけの簡単なものから
持ち手に巻きつけたりと
いろんな方法がありますが、

おしゃれなスカーフの巻き方を解説している
動画を見つけたので参考にどうぞ♪

こちらはバッグだけでなく
ヘアバンドやブレスレットのアレンジなど
様々なアイデアを紹介してくれてます♪
↓ ↓ ↓

 

こちらはCAさんに良く見る
華やかなスカーフアレンジ♪
↓ ↓ ↓

あまりたくさん貼り付けると
重たくなってしまうので
2つだけの紹介になってしまいましたが、
他にも素敵な巻き方がたくさんあるので
こちらも参考にしてみてくださいね^^

>>スカーフの巻き方

 

ポンポンをつける

こんな風にポンポンを縫い付けたり
いくつか作って紐でつなぎ合わせても
可愛いですね♡

海外のサイトですが作り方はこちら
>>ポンポンバッグの作り方

ポンポンの作り方は
こちらが参考になりそうです。

小さめのポンポンの作り方はこちらが
参考になりそうです。
>>小さめポンポンの作り方

 

ペイントする

個人的にペイントするっていう
考えがなかったので
目からウロコでした。

これはボーダー柄にペイントしてますが、
星型にペイントしてる方もいたりして
アイデア次第でオリジナルの
かわいいバッグに変身しそうです♪

こちらも海外のサイトですが
こちらを参考になさってくださいね^^
>>ペイントの方法

 

フリルをつける

こちらはフリルを縫い付けるだけの
簡単アレンジ♪

布が平らだと縫った時の
ガタガタが気になってしまいそうですが
これは少々ガタガタでも目立たなくていいですね♪

面倒な人はグルーガンでくっつけるといいですよ^^

 

お次はこんなにかわいいアレンジ!

顔のデザインになっていて
めっちゃキュートですね(*´ω`*)

海外のサイトですが
作り方を詳しく解説されてるので
こちらでご確認くださいね♪
>>フェイスバッグの作り方

 

チロリアンテープやタッセルをつける


出典:Pinterest

 


出典:Pinterest

こんな感じでチロリアンテープや
レース、タッセルを貼り付けると
一気に華やかになりますね^^

針と糸を使わなくても
グルーガンで簡単にできますよ♪

作り方はこちらのサイトが
参考になりそうです。
>>アトリエ

 

他にも造花をくっつけたり
ボタンを縫い付けたり、
バテンレースなどの大きめのレースで
アレンジ
したりと

皆さん才能に溢れていて調べていて
とても楽しかったです。

スカーフアレンジはけっこう
浸透してしまっているので、

もっと個性を出したい方は
もう少し手を加えてオリジナルを
作ってみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク

かごバッグのオススメコーデ

スカートでもパンツでも
スニーカーでもパンプスでも
どんなスタイルもおしゃれに決まるかごバッグ。

オシャレさんはどんな風に
コーデしてるのか覗いてみましょう♪


出典:WEAR

ワイドなデニムパンツに
ふんわりしたシルエットの
パフスリーブブラウスを合わせた
ナチュラルなコーデ。

シンプルで爽やかな印象ですね♪

個人的に大好きなコーデですw
(誰も聞いてないって^^;)

 


出典:WEAR

こちらはワンピースにGジャンを羽織って
カジュアルにしつつ、
足元はぺたんこパンプスで楽ちんだけど
女性らしいコーデ。

きれいめのコーデが好きなんだけど
動きやすさも重視したい
小さなお子さんがいらっしゃる
ママさんにぴったりですね^^

こういう形のかごバッグなら
カジュアルになりすぎず、
上品な印象になるので
デートの時も重宝しそうです♪

 


出典:WEAR

ベレー帽にチュールのスカートの
組み合わせがかわいい♡

チュールスカートは甘い雰囲気に
なりがちですが、
こんな風に抑えた色味だと
甘くなりすぎなくていいですね^^

この方はパンプスを合わせてますが、
もっとカジュアルにしたい方は
スニーカーやサンダルをを合わせても
かわいいと思います♪

 

こんな感じで持ち手のレザーの色と
服の色を合わせると
統一感が出ていいですね♪

 

hiro さん(@1mikko.hr63)がシェアした投稿

 

クラシカルな雰囲気にも
かごバッグがおしゃれ♡

冬にかごバッグを持つ人は
少数派ですが、
素敵にコーデしてる方が
とても多いので少しご紹介♪

 


出典:WEAR

 


出典:WEAR

秋冬のコーデでかごバッグでも
違和感ないですよね^^

秋冬のかごバッグコーデで
多かったのは
ストロー素材やサイザルバッグなどの
涼し気なイメージがあるものより、

年中持っていても違和感がないような
籐で編まれたような固い素材の
カゴバッグを合わせている方が
多い印象
でした。

さらに、ファーなど
温かみを出してあげると
冬のかごバッグもいいですね♪

冬に良さそうなファーのかごバッグを
いくつか見つけたのでご紹介しますね♪


>>商品ページはこちら

こちらはストロー素材のかごバッグですが
ファーがぐるりとついてますので
女性らしさもアップ!

 


>>商品ページはこちら

こちらはかごバッグ人気の上位に
ランクインしているブランド。

ファーが取り外せるようになっているので
1年通して使えますよ♡
内布付きで、ファーを外せば
また違った印象になって素敵です^^

 


>>商品ページはこちら

こちらに至っては
かごバッグの外側が
ファーで覆われているので、
パット見かごバッグと思わないですね。

こちらもファーは取外し可能なので
1年通して使えます。

 

まとめ

まとめると、
周りから浮かないように
かごバッグを使うには
5月初旬~8月下旬と考えておけば
間違いないって事ですね。

ただ、北海道と沖縄とでは
同じ日でも気温は全く違いますし、
体感温度で考えてもいいのかな?と
私は思っています。

冬に持てるようなかごバッグも
ありますし、
個性を出したい方は冬コーデにも
挑戦してみてくださいね^^

お手入れをしっかりして
長い間愛用してあげましょう♪

<こちらもどうぞ♪>

かごバッグの人気ブランドや通販は?簡単な作り方動画も!
かごバッグ(サイザル)の型崩れの直し方は?保管方法やお手入れも!


スポンサーリンク



この記事を読んでいる人におすすめの記事



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

出産祝いのおすすめ人気ランキング♪

ブログを書いてる人

StockSnap_SB7UX6S6F8

こんにちは。管理人のりんごです^^

美味しいものに目がない食いしん坊で、雑貨屋さんめぐりが大好きな三重県民。

気になった事はすぐに調べたくなる方なので
自分が気になったことをいろいろ綴っていこうと
思います。