ダッキーソット(黒人モデル)の身長や体重は?インスタ画像も!

 

こんにちは、りんごです^^

リアルバービー人形のようだと
話題になっている、
ダッキー・ソットというモデルを
ご存知ですか?

よく褒め言葉でお人形さんみたいね~
なんて言う時があるけど、
リアルバービーに出会ったことなんて
一度もありません。

そら、あんな細くて華奢で
手足が長くておめめパッチリでって
人魚だから表現できるんやんな~と
思っていました。

バービー人形に憧れて
整形を繰り返している方もいたけど、
やっぱりナチュラルでは無理だよねって。

しか~し!!!
そんな私の考えは一変しました。

だって彼女は本当にバービー人形
そのものなんですもん!

写真を見た時は本当に動くの?
息してるの?と思ったぐらい。

今回はダッキーソットさんについて
その魅力を探ってみたいと思います♪

スポンサーリンク


ダッキー・ソットのプロフィール

名前:Duckie Thot(ダッキー・ソット)
生年月日:1995年10月23日 21歳
出生地:オーストラリア メルボルン

ダッキーの身長は177cm

海外のモデルさんって
体重については公開されてないようで
不明ですが、

他の海外モデルの体重を
まとめているサイトを発見したので
参考にさせてもらうと、

身長180cm前後で
体重は50kg~60kgとその方によって様々。

人によって自分の体が美しく見える
ベスト体重というのがあると思うので
その体重をキープされてると思います。

先程の写真を見ても分かるように
ダッキーは
モデルの中でも細い方だと思うんです。

本当にバービー人形という
言葉がふさわしいぐらいに
手足が細長い!

なのでもしかして40kg台なのでは?
と思ったりもするんですが、

スーパーモデルって
ただ細いだけじゃないんですよね。

やっぱり体力のいる仕事なので
皆さん身体は鍛えている為、
めっちゃ細く見えても
ガッチリしている
そうです。

ちゃんと鍛えてて筋肉もりもりに
見えないのは羨ましいですね(*´∀`*)

脂肪より筋肉の方が重たいので
ダッキーは50kg台前半ぐらいでしょうか?

ダッキーは5人兄弟で、
同じくモデルとして活躍している
ニッキー・パーキンスはお姉さん
です。

生まれたのはオーストラリアの
メルボルンですが

姉のニッキーはスーダンのハルツームで生まれ、
赤ちゃんの時にエジプトに引っ越し
その後オーストラリアに移住しています。

なのでダッキーのプロフィールでは
南スーダン系オーストラリア人と
紹介されているようですね。

 

コンプレックスや差別との戦い

注目を集めていて順風満帆に見える
ダッキーですが、
これまでたくさんの苦難を乗り越えてきました。

彼女が見出されたのが
2013年のモデルを発掘する
オーディション番組。

有力候補だったダッキーは
その後も順調にキャリアを重ねていくと
思われましたが、

アメリカのトップモデル、ウィニー・ハローから
SNSで地毛や肌の色、体重などについて言及され、

さらには彼女の頭を
「カリフラワーみたい」とからかわれてしまいます。

この時ダッキーはまだ17歳。
まだ大人ではない、不安定な年頃です。

かなりショックを受けて心が折れてしまった
ダッキーでしたが、一人の素晴らしい指導者に
出会ったことで救われます。

その方というのが元モデルで
テレビの司会者でもあった
シャーロット・ドーソンさん。

残念な事に2014年に他界されてるんですが、
ダッキーは今もなお彼女の助言を
原動力にして日々を過ごしている
んだとか。

まだ21歳にして波乱万丈の人生を
歩んでいるダッキーですが、

彼女が今こうやってモデルの世界で
活躍していることをシャーロットさんも
見守ってくれているんでしょうね^^

映画になりそうなダッキーの人生。
やっぱり世界のトップで活躍するというのは
並大抵のことじゃないんだなって
思い知らされます。

華やかな舞台の裏には
表からは分からない
様々な努力や覚悟があるんですね。

ちなみに、カリフラワー発言をした
ウィニー・ハローですが、

ダッキーはこの発言の後
こんな投稿をして話題を集めました。

I remember shooting this Dinosaur Design campaign just before coming out here to the states. They called my agent at the time and asked if I was comfortable to shoot a campaign with my natural hair. She already knew what I was thinking but told me I needed to compromise sometimes. I won’t lie, I was extremely hesitant. I’ve never really had a good experience with my natural hair and modelling in Australia before. I remember on top model on one of the episodes I had to cornrow my own hair. I was extremely upset and embarrassed that they “didn’t know how” to cornrow my natural hair when at the end of the day that’s their job. I sat in front of the mirror silently crying before my shoot doing my own hair, cameras rolling while all the other girls had hairstylists, shit scared I was going to get eliminated because a few “hairstylists” didn’t know how to do their job. It’s not fun being bullied for something you can’t control and to have a top model woman of colour who I thought encouraged acceptance and self love call me out for rocking my natural hair, isn’t cool at all. Throw all the shade you want, but you played yourself with your cute little remark.

Duckie Thotさん(@duckieofficial)がシェアした投稿 –

 

日本語に訳すと

ここアメリカに来る直前に、オーストラリアの<Dinosaur Designs>のキャンペーンの撮影をしました。相手側は私の所属事務所に連絡して、私が“ナチュラルヘア”のまま撮影してもかまわないかと聞きました。事務所のスタッフは私が何を考えているか、もうわかっていたようだけど、ときには妥協も必要だと言いました。 正直言って、すごくイヤだった。ナチュラルヘアに関しても、オーストラリアでモデルをすることに関しても、これまであまりいい思い出がありません。『ネクスト・トップモデル』の収録で、自分で髪をコーンロウにしなくちゃいけないことがありました。本来はヘアスタイリストの仕事なのに、誰もコーンロウの”やり方を知らない”ことに、とても腹が立ったし、惨めだった。自分で髪の毛を結いながら、鏡の前に座って静かに泣きました。カメラが回っていて、他の女の子たちはヘアスタイリストに髪をセットしてもらっているそばで、コーンロウの”やり方を知らない” 何人かのヘアスタイリストのせいで落とされるかもしれない恐怖に脅えながら。自分がどうすることもできないことでいじめられるのは楽しくないし、受容と自己愛を広めるはずの有色女性モデルが、私のナチュラルヘアをバカにするのは、全然クールじゃない。侮辱したいならすればいいけど、 それは結局自分をおとしめることになるのよ
出典:COSMOPOLITAN

カリフラワー発言に対して
上品に応酬したダッキーの言葉。

この後ウィニーは何度もダッキーに
謝罪したそうです。

どうやらカリフラワーみたいと言ってのは
ダッキーにではなく、
ご自身の妹に向けてのものだったんだとか。

私はダッキーの写真を見て、
素直にこれが地毛なんだと思っていましたが
おそらくウィッグをつけてるのかな?

モデル業界はまだヨーロッパ中心の
美の基準があるそうで、
ダッキーはこれが問題だと指摘します。

黒人女性としてどうやって
自分の髪の毛の手入れをすればいいか
教えてもらったことはなく、
教えてもらったのは どうやって隠すかだけ。

ファンデーションにしても
肌の色が濃い女性たちの需要に合うような
幅広い種類のものは用意されていないそう。

黒人モデルの方たちが
こういった居心地の悪い思いを
しているとは思いもよりませんでした。

でも、ダッキーがスゴイと思うのは
こういった辛い経験をバネにして
自分ときちんと向き合って戦い続けていること。

まだ21歳なのに強い女性ですよね!

やっぱり芯の通ってる強い女性は
外見だけでなく中身も美しいです♡


スポンサーリンク

インスタ画像をチェック!

ダッキーのインスタを発見したんですが
どの写真もカッコイイ!!!

最後にダッキーの
リアルバービーな写真をご紹介
したいと思います♪

まとめ

まだ21歳にして
これまでに多くの苦難を乗り越えてきたダッキー。

今では自分と似た外見の少女たちの
代弁者なんだと思えるようになったと言います。

自分に合った向き合い方を
見つけるには、
まず自分を知ること。

意外と自分自身のことって
分からないことが多いですもんね。

なかなか向き合うのってしんどいけど
ダッキーを見習いたいなと思いました。

陰ながらダッキーの活躍を
応援したいと思います!

最後までお付き合い頂きありがとうございました^^


スポンサーリンク



この記事を読んでいる人におすすめの記事



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

出産祝いのおすすめ人気ランキング♪

ブログを書いてる人

StockSnap_SB7UX6S6F8

こんにちは。管理人のりんごです^^

美味しいものに目がない食いしん坊で、雑貨屋さんめぐりが大好きな三重県民。

気になった事はすぐに調べたくなる方なので
自分が気になったことをいろいろ綴っていこうと
思います。