クラフトフェアまつもと2017の駐車場やアクセスは?宿泊や交通規制も!

出典:Facebook

 

こんにちは、りんごです^^

今日も天気が良くて穏やかな1日。
青空を眺めているだけで
清々しい気持ちになれる春という季節が
いちばん好きです♪

気候が良い時期って
いろんな場所でイベントが
開催されますよね。

もうすぐGWですが、
みなさんはどこに行くか
もう決まってますか?

私はいろいろ行きたいところが
ありすぎて絞れないんですが、

前からずっと行きたいと思っている
イベントがあるんです。

それは、長野県松本市で開催される
「クラフトフェアまつもと」

GWの時期からは少しずれた期間に
開催されるこのイベント、
毎年多くの方でにぎわう大人気のイベントです。

近隣の方だけでなく
遠方から行く人も多いので
駐車場やアクセス、宿泊施設も
調査してみようと思います!

スポンサーリンク


クラフトフェアまつもと2017開催概要

昨年は2日間合わせて約57000人の方が
来場し、大賑わいでした。

今年もきっと多くの方が
訪れることでしょう。

今年の開催期間は

2017年5月27日(土)11:00~17:00
2017年5月28日(日)9:00~17:00

と、なっていますよ^^
開始時間が異なりますので
ご注意くださいね!

>>出展者や作品についてはこちら

 

場所はこちらになります。

会場:あがたの森公園
住所:長野県松本市県(あがた)3-2102-4

 

駐車場はあるの?

あがたの森公園には無料駐車場が
あるんですが、
イベント当日は使えません

周辺には駐車場がいくつか
ありますので
車で行かれる方は有料駐車場に
止める事になりますね。

去年は駐車場のことで
悲しい出来事があったようです(´・ω・`)

やっぱり人間、少しでも近いところへ、
なるべく安い料金、できれば無料で
車を止めたいと思ってしまいます。

イベントでは歩きまわりますし
行きは元気でも帰りは荷物も増えて
ヘトヘトになってますしね^^;

去年は周辺の公共施設へ
無断でこっそり車を止める人が
多かったみたいで、
主催者側はお叱りを受けてしまったんですって。

去年だけでなく数年前にも
同じような事が起こり、
イベントの開催や存続が危ぶまれる
事態にまで発展
してしまったそう。

なので主催者側はできるだけ公共機関を利用して
会場へお越しください
と呼びかけられています。

こういうイベントって
地域の方々の協力の元成り立っているので、
周辺の方々の迷惑にならないよう
配慮が必要ですね。

1人ぐらいバレないでしょ?
そんな気持ちの人が増えたら
イベントがなくなってしまうかもしれないので
ルールを守って思う存分楽しみましょう♪

そうは言っても小さいお子さんも
一緒だったり車の方が便利って方も
大勢いらっしゃると思います。

周辺の駐車場を探してみたら
けっこうヒットしましたよ♪

ただ、けっこう離れてるな~って
印象がありますね^^;

しかも公共機関の駐車場も
混ざってる・・・

他にもあがたの森周辺の駐車場について
参考になりそうなサイトを発見しましたので
チェックしてみてください♪

>>あがたの森周辺駐車場

 

その中で最も近い場所が
「松本カタクラモールパーキング」

ルート検索してみたら距離は700m程。
徒歩9分程だったら頑張れそうです。

でも、やっぱりみんな考えることは同じで
少しでも近くに止めようとするはず。

ここの駐車場は収容台数が800台弱ですが、
あっという間に埋まりそうな予感がするので
止めれたらラッキーだけど
止められなかったことも考えて
いくつか候補を出しておいたほうが
いいかと思います。

逆に遠いところを攻めてみるってのも
作戦としてはいいのかもしれません。
早いうちに行けたらライバルいなさそうだし。

公式ツイッターからこんなお知らせが。

 

アクセス方法をチェック!

車で行く場合は

長野道松本ICを下車し、
国道158号経由で
松本の中心市街地まで約15分。

 

公共機関を使って行く場合は

松本駅から
「タウンスニーカー東コース」
「北市内線東まわり」
「横田信大循環線」

の、いずれかのバスで約10分。
「秀峰学校前」下車。

徒歩で行く場合は
松本駅から約20分ほどです。

タクシーだと松本駅から
約5分ほどで到着です。

毎年大勢の人で賑わうイベントなので、
車以外に公共機関を利用して
行かれる方も多いと思うので

バスも混雑するんじゃないかな~と
思うんですよね。

混雑時には臨時のシャトルバスが
運行される
そうですが、

もしかしたらバスに乗るために
並ばないといけないってことも
あるかもしれません。

ただ、約20分程で
会場に到着するなら
歩ける範囲じゃないかな?と思うので

行きは歩いて向かい、
帰りはゆっくりバスで帰るか
タクシーを呼んでもいいのかなと。

万が一雨が降ってしまったら
歩くのは大変ですが、
晴れたら散歩気分で向かうのも
楽しそうかな~と思います^^


スポンサーリンク

混雑を回避するには?

やっぱりね、当日は駅周辺が
かなり渋滞するそうなんです。

交通規制もされているようですね。

>>交通規制の情報はこちら

 

じゃあ、いつ行ったら混雑を
回避できるのか?というと、
ずばり 初日の早朝です。

公式サイトでは初日の開催時間は
11:00となっているものの、
常連さんはその前から
どんどん来場しているんですって。

朝の8時頃にはお客さんも
けっこう来場していて、
中にはフライングゲットしている人
いる
みたい。

そっか、会場は公園で
オープンな場所ですもんね。

扉があるわけでもないから
入れちゃうんだな~

こんな裏技があったとは・・・!Σ(・∀・;)

もちろん出展者の方は
まだ準備中ですし、
すべてのお店で開場前から
購入できるわけではないと思いますが、

だいたい10時前後ぐらいには
設営が終了している
ようなので、

10時前後ぐらいを狙って
会場へ向かうとお客さんも少なく
作品も揃っているという
ものすごーく美味しい思いを
味わえると思いますよ♪

開場時間の11:00になると
来場する人が一気に増えて、
会場は瞬く間に混雑してしまいます。

駐車場の事を考えると
10時よりもっと早く着くように
向かった方がスムーズかもしれませんね。

 

周辺のホテルをチェック!

松本市といえば
国宝である松本城があったり
レトロ建築の町並みが美しい街。

市街地に行くと温泉街もあります。

観光も目的に考えている方は
宿泊するホテルや旅館の
雰囲気も大事ですよね。

そして遠方から行かれる方で
クラフトフェアのみが目的の場合は
少しでも会場に行くのに便利な場所へ
泊まりたいと思うでしょう。

なので会場に一番近いホテルと
松本に行くなら泊まるのはここでしょ!
という素敵なホテルをご紹介しようと思います^^

 

一番近いホテルはここ!

 

それは 「スマイルホテル松本」

場所はこちらになります。

価格もリーズナブルで
無料で駐車場が使えるので
マイカーで行かれる方にとっては
ありがたいのではないでしょうか?

会場まで徒歩7分ほどと
とても近いですしね^^

>>公式サイトはこちら

 

松本に行くなら泊まりたいホテル

トリップアドバイザーで
人気ランキング1位に輝いているのが
「リッチモンドホテル松本」

他の口コミサイトを見ていても
評価が高かったです。

値段の割に部屋も広く、
スタッフの接客も丁寧。

朝食のメニューも豊富で
ビジネスホテルにしては
リッチなコスパのいいホテルのようですよ^^

>>公式サイトはこちら

 

ビジネスホテルじゃないところがいいな
という方はこちらはいかが?

それは 「五千尺ホテル」

松本市内のホテル・旅館の中で
ランキング第2位に輝いています。

口コミを見ていても

・食材を活かしたフランス料理が素晴らしい
・上高地の素敵なロケーションが楽しめるホテル
・スタッフの対応が素晴らしい

などなど、
”すごく良い”の評価が多い
オススメのホテルです。

>>公式サイトはこちら

 

ちなみに私が一度泊まってみたいなと
思っていた星野リゾートについても
調べてみたんですが、

松本の星野リゾートの評判は
それほど良くなかったですね^^;

特に接客面で、
スタッフの対応がマニュアル対応すぎる
という声が多かったです。

スタッフは若い方が多いみたいで
接客に慣れてないのかな?

施設面はいろいろ工夫がされていて
素敵だし、掃除も行き届いていて
清潔感もあるそうなので
課題は接客ってことですね!

ぜひともベテランスタッフの
指導の元レベルアップを
期待しましょう!

 

まとめ

今回の情報をまとめると

・会場には駐車場がない。
・なるべく公共機関を利用する
・混雑を回避するには早朝に!
・初日の10:00前後に会場にいるのがオススメ

こんなところでしょうか?

1年に1度のクラフトフェアまつもと。

ここでしか出会えない作家さんの
作品も多いと思うので、
思う存分楽しんで来てくださいね♪

最後までお付き合い頂きありがとうございました^^


スポンサーリンク



この記事を読んでいる人におすすめの記事



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

出産祝いのおすすめ人気ランキング♪

ブログを書いてる人

StockSnap_SB7UX6S6F8

こんにちは。管理人のりんごです^^

美味しいものに目がない食いしん坊で、雑貨屋さんめぐりが大好きな三重県民。

気になった事はすぐに調べたくなる方なので
自分が気になったことをいろいろ綴っていこうと
思います。