イギリスのマクドナルドCM動画は?批判が殺到で打ち切りに!

 

こんにちは、りんごです^^

今日は先日wowowで放送していた
「ファインディング・ドリー」の
録画を見ていました。

忘れっぽいドリー、
小さい頃から忘れっぽかったんやな~

人間でいう先天的なものなんでしょうか。
でも、ふとしたことから
両親の事を思い出して
マーリン&ニモと一緒に大冒険!

出て来るキャラがどれも魅力的で
ドリー、ご両親に会えて良かったね。

とても感動的でうるうるしてたんですが
そんな気持ちのままネットニュースを
見ていたら、
イギリスで批判が殺到している
マクドナルドのCMがあるらしい・・・

一体どんなCMなのか気になったので
動画を探してみることにしました~

スポンサーリンク


問題のCMで動画

問題になっているのは
イギリスで5月12日から
約7週間に渡って放送される予定だった
マクドナルドのフィッシュバーガーのCM。

なんでも父親と死別した少年を
描いたストーリーが
子供の不幸を利用しているということで
批判が殺到したそうなんですね。

どんなひどいCMだったんだろう・・・

なかなか海外のCMを見る機会ってないし
見つかるかしら?と思ったら
あっさり見つかったのでご紹介します。

そのCM動画がこちらです。

私の環境なのかもしれないけど、
音がないですね・・・

まあ、音があっても私の英会話能力なんて
中学校レベルで終わってるんで
翻訳なんてできないんですけど^^;

 

HI!Ringo(管理人です)

HI!Mike(中学の教科書によく出てきたマイクですw)

How are you?

Fine,Thank you. And you?

Fine,Thank you.

 

・・・みたいな?

こんな初歩中の初歩英語しか
思い出せないんでね^^;

大人になってから思う。
もっと真剣に勉強しておけば良かったと・・・

まあそんな私の後悔なんて誰も
聞きたくないですよね、すみません><

でもやっぱり映像だけだと
イマイチよく分からないんで
調べを続けていたら、

簡単に言うとこういうことみたいです。

 

息子:パパってどんな人だったの?

母親:手がキレイでサッカーが上手で・・・

息子:(お父さんとの共通点が見つからない・・・)

 

そしてマクドナルドへ行った親子は
フィッシュバーガーを注文。

フィッシュバーガーを頬張る
息子の様子を見て母親が一言

「お父さんもそれが大好物だった___」

 

CMでは父親との共通点を見つけた
息子の表情と夫を思い出す母親の表情を
捉えて終わります。


スポンサーリンク

英国広告基準局には約100件もの
苦情が殺到したということです。

もうすぐ父の日ということで
それを意識して作ったのではないか?
という指摘や

ファーストフードの宣伝に人の死による
悲しみを利用しているという意見も。

遺児支援団体のグリーフエンカウンターには
実際に親を亡くした子供がショックを受けているという
報告もあったようです。

批判が殺到したことで
マクドナルドは本日5月18日を持って
CMの打ち切りを決定。

「視聴者の方に不快な思いをさせる意図は
全くありませんでした。

特に、我々が最も大切にしている
お客様を失望させてしまい、
誠に申し訳ございません。」

と謝罪をしたと言うことです。

最近の世論の特徴として
ちょっとでも問題があると
すぐに批判される傾向があるように思います。

最近私の記憶に残っているのが
速水もこみちさんが
ご自身の料理コーナーで
オリーブオイルを使いすぎなんじゃないか?
という意見があったそうで・・・

ドバドバ使っているように見えても
本場では適量。

ちょっとコレは言い過ぎなんじゃ?
と個人的には思ったんです。

でも今回の件は
実際に心を痛めてしまった
お子さんがいらっしゃるので
企業としては反省すべきでしょうね。

最近もメニューにあるのか知らないけど、
マクドナルドといえば「スマイル0円」

笑顔を大切にしている企業という
イメージがあるので、
家族を亡くされた方も笑顔になるような
ハッピーなCMを作って欲しいですね^^

最後までお付き合い頂きありがとうございました!


スポンサーリンク



この記事を読んでいる人におすすめの記事



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

出産祝いのおすすめ人気ランキング♪

ブログを書いてる人

StockSnap_SB7UX6S6F8

こんにちは。管理人のりんごです^^

美味しいものに目がない食いしん坊で、雑貨屋さんめぐりが大好きな三重県民。

気になった事はすぐに調べたくなる方なので
自分が気になったことをいろいろ綴っていこうと
思います。